FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2013-05-20-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 日米で強気の応酬 = 日経平均株価は先週531円の値上がり。先々週からの2週間で1444円も上昇した。年初来の上昇率は45.6%。急ピッチの上げで利益確定の売りも増大したが、押し目買いの力が上回った。市場では1万6000円は射程圏内、7月の参院選までには1万8000円と強気の声も聞かれる。

ダウ平均株価は先週236ドルの値上がり。これで4週連続して史上最高値を更新した。SP500も新高値。ナスダックは00年10月以来の水準に戻している。ダウ平均の年初来上昇率は17.2%だから、日経平均ほどの急ピッチではない。むしろ着実なペースで上げてきている。いい景気指標が出れば上げ、悪い指標が出れば金融緩和が長引くとみて上げ。こちらも強気が支配している。

世界経済のなかで、日本とアメリカの景気回復が際立ってきた。ヨーロッパと中国は、まだ元気がない。東南アジアや中南米の新興国は、伸び悩みの状況だ。だからアメリカと日本の株式市場に、資金が集中しつつある。もう1つ、日本では国債の流通市場から株式市場に資金が移動してきた。このため国債の価格が下がり、長期金利が上がり始めている。今後はこうした資金の流れにも注意が必要だ。

今週は21日に、3月の全産業活動指数。22日に、4月の貿易統計が発表になる。アメリカでは22日に、4月の中古住宅販売戸数。23日に、3月の住宅価格と4月の新築住宅販売戸数が発表される。なおEUが22日の首脳会議で緊縮路線の修正を決めるという報道もあるが、真偽のほどは不明。


    ≪20日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.