FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- シェール革命の衝撃 ④
2013-05-25-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ ロシアを抜いて世界第1位に = アメリカのシェール・ガス生産量は、急激な増加を続けている。米エネルギー省の資料によると、07年の生産量は1.3TCF(兆立方フィート=約28.3兆リットル)で、従来型の天然ガスを含めた全ガス生産量の7%だった。それが10年には4.4TCF、現在は6.6TCFで全体の30%を占めるようになっている。すでにロシアを抜いて、世界最大の天然ガス生産国になった。

シェール・オイルの生産も増えている。08年の30万バレルが、現在は50万バレルに。エネルギー省では、20年までにガスは8TCF、オイルは200-300万バレルに達すると推定。こうした予測を前提に、IEA(国際エネルギー機関)は「アメリカは17年までにサウジアラビアを抜いて、世界最大のエネルギー産出国になる」と予測した。

現在の技術で採取が可能な埋蔵量について、エネルギー省はガスが750TCF、オイルは240億バレルと推定している。ガスの埋蔵量がいちばん大きいとみられるのは、北東部マーセラス地方で410TCF。採取技術が向上すればもっと増えるから、資源量は“無尽蔵”と言っていい。

生産の増加につれて、価格は大幅に下落している。シェール・ガス100万BTU当たりの価格は、06年の9ドルから最近は3-4ドルに低下した。ただ乱高下も経験しており、08年秋のリーマン・ショック前は13ドルだったものがショック後は2.5ドルに急落している。ちなみに日本のLNG輸入価格は、現在16-17ドルである。

                            (続きは来週サタデー)


    ≪24日の日経平均 = 上げ +128.47円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.