FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2013-06-02-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第13章 都市鉱山って、なんだろう? ⑤

◇ 法律はできたけれど = 環境省の推定によると、使用済みの小型家電は1年間に65万トンもあります。これらの家電に含まれる貴重な金属類は28万トン、価格にすると844億円にもなるそうです。しかし、これまでは大部分がゴミとして捨てられ、埋め立てなどに使われていました。

そこで政府は「小型家電リサイクル法」という法律を作って、ことしの4月1日から実施しました。この法律では、携帯電話やデジカメ、パソコンやドライヤーなど28種類の小型家電をリサイクルすることにしています。まず全国の自治体がこれらの使用済み家電を回収し、集積所に集めます。それを処理施設で分解し、最後に精錬所で金属の形にして再利用するわけです。

この流れで、いちばん大変なのは最初の回収でしょう。回収は市町村に任されましたが、人手や予算が足りません。だから法律ができても、体制を作って動き出したのは全体の3分の1程度にとどまっています。回収される量が少なければ、再利用される金属も少なくなってしまう。また作業の効率も上がらないでしょう。

回収の方法としては、①専用の収集ボックスを置く②小型家電だけの収集日を作る③ゴミの山から拾い出す--などが考えられています。どの方法にするかは市町村が決めますが、いちばん大切なことは住民の協力でしょう。みなさんも携帯電話やゲーム機をゴミとして捨ててしまってはダメですよ。

                                 (続きは来週日曜日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.