FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
給与の面にも 薄明かり?
2013-06-04-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 夏の賞与は自動車が突出 = 経済団体連合会は先週30日、大手企業の夏のボーナス妥結額に関する1回目の調査結果を発表した。それによると、64社平均の妥結額は84万6376円。前年より7.37%増加した。この増加率は、バブルが崩壊する直前だった90年の8.36%に次ぐ大きさ。好調な企業業績がやっと賃金面にも反映されてきた、と言いたいところだが・・。

業種別にみると、前年比プラス組とマイナス組が混在している。プラス組のなかでも、自動車が14.15%増加と突出。2位のセメント4.96%増を大きく引き離した。電機は0.31%増とわずかにプラス。一方、マイナス組は、紙・パルプ5.48%減、繊維4.87%減、非鉄1.20%減などとなっている。要するに、自動車が全体の平均増加率を引っ張り上げた形だ。

これから残りの大企業をはじめ、中小企業のボーナス交渉が進んで行く。その結果がどうなるかは、まだ予測がむずかしい。ただ経団連の第1回調査をみると、やはり円安で潤った輸出関連会社のボーナスは期待できる。また消費の回復を反映して、小売りや飲食業なども高めに出そうだ。

連合の集計によると、ことし春の賃上げは平均1.81%の上昇。例年並みの域を出なかった。ボーナスがある程度は増えないと、サラリーマンの可処分所得は上がらない。そうすると、いま盛り上がってきた消費もしぼんでしまう危険性がある。その辺の見極めは、7月の労働力調査や家計調査を待つしかない。


    ≪3日の日経平均 = 下げ -512.72円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.