FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- シェール革命の衝撃 ⑦
2013-06-15-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 北方領土にもシェールの影 = モスクワで4月末に行われた日ソ首脳会談。共同声明では「北方領土問題の交渉を加速させる」と明記された。このロシア側の柔軟な姿勢に「オヤッ」と感じた人も多かったのではないか。実は“シェール革命”が、プーチン大統領の言動に大きな影響を与えたとみることができる。

いまから10年前、だれもが「アメリカは近くエネルギーの大幅な不足に陥る」と予想していた。世界最大級のガス産出国である中東カタールはこれに目を付け、年間7000万トンのLNG生産設備を増設した。ところが突如として起こった“シェール革命”。売り先を失ったカタールは、このLNGをヨーロッパ諸国に安値で売り込んだ。同時にアメリカも、シェールの使用で余った石炭をヨーロッパに売り込む。

慌てたのはロシアだ。世界最大のガス産出国であるロシアは、これまで財政収入の半分近くをガスの輸出に頼ってきた。現在のロシアの経済計画は、こうしたガスや原油の輸出見通しを基礎に作られている。また東ヨーロッパ諸国へのガス供給をめぐって、値上げや供給停止で政治的な圧力を加えたこともあった。その立場が崩壊してしまう。

プーチン大統領は、春の最高幹部会議で大号令を発した。「LNGを極東に売り込め。さもないと、競争相手に市場を根こそぎ奪われる」と。こうしてウラジオストクと北部のヤマル半島に、それぞれ年産1500万トンのLNG基地が建設され始めた。前者は日本をはじめとする極東諸国向け、後者は中国向けである。シェールのおかげで、日本に対してもリップサービスが必要になったわけである。

                             (続きは来週サタデー)


    ≪14日の日経平均 = 上げ +241.14円≫

    【今週の日経平均予想 = 5勝0敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.