FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
回復した住宅  だが・・ / アメリカ (上)  
2013-07-04-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ リーマン・ショックを修復 = アメリカの住宅市場が、完全に立ち直った。販売・価格・着工など、すべての指標が急上昇。リーマン・ショックで蒙った致命的な傷が、5年の歳月を経てようやく癒えたことを示している。住宅市場の回復で、家具やリフォーム用品の売り上げも増加。住宅は景気を支える大きな柱に復帰した。

NAHB(住宅建設業協会)が発表した6月の市場指数は52。一戸建て新築住宅市場について、業界がどう見るかを集計した指数で、50を上回れば好況。この指数が50を上回るのは、06年4月以来7年ぶりのことだ。SPケースシラーによる主要20都市の住宅価格も、4月には前年比12.1%の上昇。リーマン後の安値に比べて約15%高くなった。

リーマン後に400万戸を割り込んだ中古住宅の販売戸数は、5月に518万戸まで回復。新築住宅の販売戸数も47万6000戸と平常の水準に戻している。また新築住宅の着工件数は5月に91万4000戸。リーマン後に比べると、8割も増加した。

リーマン・ショックでは住宅価格が急落。ローンを借りていた多くの人が担保割れとなって、自宅を差し押さえられた。こうした差し押さえ物件が大量に市場に放出されて価格はさらに低落するという悪循環から、やっと脱出したわけである。FRBによると、最近の価格上昇でローンの借り手130万人が債務超過の状態を解消できたという。

                               (続きは明日)


    ≪3日の日経平均 = 下げ -43.18円≫

    ≪4日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.