FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
失業率が低下、9年前の水準に
2007-05-29-Tue  CATEGORY: 政治・経済
総務省がきょう発表した雇用統計によると、4月の完全失業率は3.8%に低下した。前月より0.2ポイントの改善。98年3月以来、9年1か月ぶりの3%台である。企業の積極的な採用計画を反映したもの。男性は前月比0.1ポイント、女性は0.3ポイント低下した。

4月の就業者数は6444万人で、前年より76万人の増加。完全失業者数は268万人で、16万人の減少だった。就業者の増加は7か月、失業者の減少は17か月続いている。就業者が増えた部門は医療・福祉、卸・小売り、飲食・宿泊など。

全体として、雇用情勢は上向いていることが確認された形。だが統計の中身をよく見ると、やや心配な点もある。1つは就業者の総数が増えたにもかかわらず、自営業主と家族従業員が11万人も減っていること。大企業主導の景気回復のなかで、零細企業が追い詰められている状況が浮かんでくる。もう1つは、男性35-44歳の失業者が増えていること。なぜ働き盛りの男性が職を失っているのか。理由は不明と言うしかない。

かつて日本の失業率は、先進国のなかでも異常に低かった。昭和40年代の高度成長期は1%台、バブル期はほぼ2%台。それがバブル崩壊と企業のリストラで、02年6月には5.5%まで上昇した。いま景気がゆっくりと回復、企業は人集めに奔走している。失業率は今後どこまで改善するのだろうか。

    ≪29日の日経平均 = 上げ≫

    ≪30日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.