FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- シェール革命の衝撃 ⑫
2013-07-20-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 輸出反対の運動も = 米エネルギー省は最近、世界のシェール・ガスとオイルの埋蔵量に関する新しい推計値を発表した。それによると、世界42か国のガス埋蔵量は7299兆立方フィートで、11年調査より10%の上方修正。またオイルは3450億バレル。従来型の石油埋蔵量の10%に達している。

シェール型エネルギー資源の将来はますます有望というわけだが、アメリカ国内では輸出に反対する団体が設立された。その中核は鉄鋼業界と化学業界。価格の上昇で、メリットが失われるというのが反対の理由。すでにワシントンでも、輸出反対のロビー活動を始めている。

これに対抗して、輸出に賛成の姿勢を明らかにしているのは、エネルギー業界と製造業だ。輸出の増加によって、投資と雇用が拡大するというのが賛成の理由。特に全米製造業協会は、自由貿易を貫くという立場から輸出賛成の立場に回った。オバマ政権はこうした業界の意見を聞きながら、少しずつ輸出を増やす方針だとみられている。

シェール・エネルギー開発そのものへの反対もないではない。化学薬品を含む水を高圧で岩盤内に噴射することで、地下水が汚染されるからという反対論。ヨーロッパではフランスがこの点を心配して、まだシェール開発を解禁していない。変わったところでは一部の経済学者が、アメリカがエネルギーの輸出国になるとドル不足になると警鐘を鳴らしている。

                       (続きは来週サタデー)


    ≪19日の日経平均 = 下げ -218.59円≫

    【今週の日経平均予想 = 2勝2敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.