FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
バーナンキ議長の 華麗な変心
2013-07-17-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 議会証言に世界が注目 = バーナンキFRB議長は5月22日、議会で証言。「雇用市場の改善が継続すれば、今後数か月のうちに資産購入のペースを縮小させる可能性がある」と述べた。現在の量的金融緩和を縮小する意図を示したわけで、株価はこの発言をきっかけに大幅に下落した。

たしかに景気の回復が続けば、いつまでも金融緩和を続けるわけにはいかない。バーナンキ議長はこの“自明の理”を市場に教えるために、あえて発言したのだろうと多くの人が判断した。そして市場もその考え方を受け入れ、株価は6月後半から反発している。

ところがバーナンキ議長は7月10日、講演で「インフレ率は低水準であり、失業率は雇用情勢を誇張している可能性があるため、当面は金融緩和策を継続する」と強調した。せっかく多くの人々が緩和策の縮小は近いと覚悟したのに、当のバーナンキ議長自身が変心してしまったのである。

理由は全く不明。雇用統計に問題があるのか。景気の先行きに悪い予測が出たのか。新興国からの資本流出を警戒したのか。議会筋からの圧力か。来年1月末での辞任が決定的になったので、嫌な仕事は後継者にやらせるつもりか。いろいろな憶測が飛び交うなかで、バーナンキ議長は今週17-18日に議会で証言する。変心の理由を、どのように説明するのだろうか。


    ≪16日の日経平均 = 上げ +92.87円≫

    ≪17日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.