FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
有業者減・非正規増・共働き減 (上)
2013-07-18-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 働く人が156万人減った = 総務省は先週、12年の就業構造基本調査を発表した。5年ごとの調査で、今回は昨年10月1日時点で全国100万人を対象に実施している。調査の結果をみると、いま日本の就業構造が大きく変化しつつあることがよく判る。

まず15歳以上の有業者は6442万人で、5年前に比べると156万人減少した。その一方で無業者は4639万人、207万人も増えている。有業者の比率は58.1%。つまり働いている人は全体の6割に満たない。有業者数はピークだった09年に比べると、実に258万人も減っている。男女ともに減少しており、有業者の比率は男性が68.8%、女性が48.2%だった。

有業者の比率は、全国どの都道府県でも減っている。いちばん高かったのは東京都の62.5%だったが、5年前よりは1.0ポイント低下した。次いで高かったのは愛知県、福井県の順。いちばん低かったのは奈良県の53.2%。次いで秋田県、徳島県、和歌山県、兵庫県などとなっている。

こうしたなかで目を引くのは、25-39歳の女性の有業者率が69.8%と過去最高になったこと。この年代の女性は、結婚や育児で職を離れることが多い。しかし、その傾向は薄れてきており、5年前にくらべると有業者率は3ポイント上昇した。労働人口を維持する上で、注目すべき変化だと言えるだろう。

                         (続きは明日)


    ≪17日の日経平均 = 上げ +15.92円≫

    ≪18日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.