FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2013-07-28-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第14章 金融緩和って、なんだろう? ④

◇ 株価が上昇、景況感は回復 = 昨年末に誕生した安倍内閣は、補正予算を組んで景気対策に乗り出しました。これに歩調を合わせて、日銀は大胆な量的金融緩和を実施しています。その効果が最初に現れたのが、株価の上昇でした。最近の日経平均株価は、年初に比べると4000円ほど値上がりしています。

株価の上昇は2つの面から、経済にいい影響を及ぼします。1つは株価の上昇で企業や個人が持っている株式の価値が上がると、心理的にゆとり感が生まれて消費支出が増える傾向があること。最近は高価な装飾品や衣類の売れ行きがよくなっているようですが、これは株価の上昇による影響が大きいと考えられています。

もう1つは、人々の景況感が向上することです。景況感というのは、景気の現状や先行きに対する人々の感じ方。いろいろな調査をみても、最近の景況感は昨年よりもずっとよくなってきました。景況感が上昇すると人々は仕事を増やそうとする意欲を高め、これが経済にいい影響を与えるのです。

政府も「景気は回復しつつある」と判断しています。しかし株価が上昇し景況感が改善しても、それだけで「景気は本格的に回復した」とは言えません。なぜなら、その恩恵は一部の企業や個人に限られてしまうからです。景気の回復が、多くの中小企業や地方の人々にまで行き渡るかどうか。そこが重要なポイントです。

                          (続きは来週日曜日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.