FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2013-08-19-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 株式市場の“ワナ” = ウォール街は相変わらず、金融緩和の早期縮小に怯えている。先週も株価は消費者態度指数の悪化で下げたあと、こんどは住宅着工戸数が堅調という発表を受けてまた下げた。住宅着工が予想外に増えたことから、金融緩和の縮小が9月にも前倒しされるのではないかという観測が強まったためである。

実体経済の悪材料で下げ、好材料でも下げる。ニューヨーク市場が陥った“ワナ”と言っていい。このためダウ平均は先週344ドルの値下がりとなった。一方、日経平均は先週35円の値上がり。こちらは円相場の上昇が、株価の頭を押さえ込んでいる。

考えてみると、東京市場の「円高⇒株安」という“法則”も、“ワナ”の一種だろう。行き過ぎた円高は困るが、行き過ぎた円安も決して好ましくはない。ところが企業業績に対する円安のメリットは強調されるが、円高のメリットは計算されない。東京市場も、適正な円相場を常に意識する方向へ成長する必要があるのだろう。

今週は19日に、7月の貿易統計。20日に、6月の全産業活動指数。アメリカでは21日に、7月の中古住宅販売。22日に、6月のFHFA住宅価格指数とコンファレンス・ボードの7月・景気先行指数。23日に、7月の新築住宅販売が発表になる。また22日からはブルネイでTPP交渉会議が開かれる。


    ≪19日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.