FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
底入れはしたけれど : EUの景気
2013-08-21-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 7四半期ぶりにプラス成長 = EU統計局は先週14日、ことし4-6月期のGDP速報を発表した。それによると、EU全体の実質成長率は前期比でプラス0.3%、年率換算ではプラス1.1%だった。11年7-9月期以来7四半期ぶりのプラス成長で、EUはようやく景気後退から脱したものとみられる。

国別でみると、やはりドイツが前期比プラス0.7%で牽引車となった。個人消費と政府の公共支出が、経済を押し上げている。注目されたのは、フランスがプラス0.5%と健闘したこと。イタリアはまだマイナス0.2%、スペインもマイナス0.1%だったが、両国ともにマイナス幅は縮小している。

同様に4-6月期の実質成長率をみると、アメリカはプラス1.7%。日本はプラス2.6%だった。したがって4-6月期は、久しぶりに日米欧の先進国がそろってプラス成長を記録したことになる。この事実は、心理的にも意味があるだろう。ただEUのプラス成長が持続するかどうかは、やや疑問だ。

問題はEUの失業率が、異常な水準で高止まりしていること。EU全体の失業率は10.9%。ドイツの5.4%を別格とすれば、フランスは11.0%、イタリアは12.1%、スペインは26.3%とみな2ケタ。過去5年間で780万人増加した失業者を減らすには、長い時間を要するだろう。EU経済の苦闘はまだまだ続く。


    ≪20日の日経平均 = 下げ -361.75円≫

    ≪21日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.