FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2013-09-08-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第14章 金融緩和って、なんだろう? ⑩

◇ とばっちり受ける新興国 = アメリカの景気が回復してきたことから、FRBは金融緩和政策を縮小するかもしれない。そういう考え方が広まっただけで、多くの新興国が苦しい状態に追い込まれました。というのもおカネの流通が減ることを予想した投機資金が、新興国から引き揚げ始めているからです。

投機資金が引き揚げられると、その国の通貨は値下がりします。すると物価が上昇して、景気は下降。株式も売られて、経済は苦しくなるのです。たとえばインドの通貨ルピーは、この4か月ほどで20%以上も値下がりしました。インドネシアやタイ、ブラジル、南アフリカでも、同じような現象が起こっています。

もちろん、各国政府は懸命に対策を講じています。資金の流出を食い止めるために、金利を引き上げる。通貨の下落を抑えるために、為替市場で自国の通貨を買い支える。また海外への送金を規制する。いろいろな手段を講じていますが、なかなか成果はあがりません。

新興国の経済が悪化すると、やがては輸出の減少などを通じて、先進国の経済にも悪影響を及ぼします。そこで先週5-6日にロシアのサンクトぺテルブルクで開かれたG20(主要20か国首脳会議)でも、この問題が重要なテーマになりました。しかし解決策は見出せなかった、というのが実情です。

                        (続きは来週日曜日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.