FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
司法省と格付け会社が激突 / アメリカ
2013-09-13-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ おかげで“格下げ”は激減? = アメリカでは、司法省が最大手の格付け会社S&P(スタンダード・プーア)社を提訴し、裁判が行われている。提訴の理由は「バブルが崩壊した08年以前に、住宅ローン担保証券などに不当に高い評価をつけ、その後の価格暴落で購入者に多額の損失を与えた」というもの。

これに対して、S&P社は3日の法廷で「この提訴は、当社がアメリカ国債を格下げしたことへの報復だ」と強く抗議。加えて「これは憲法が保障する“表現の自由”を脅かす」と抗議した。S&P社は11年夏、アメリカ国債を初めて格下げし、大きな反響を呼んだことがある。このとき、他の格付け会社は格下げしなかった。

S&P社は「他の格付け会社も住宅ローン担保証券に高い格付けを与えたが、国債を格下げしなかったので提訴されていない」とも主張している。司法省側は「この提訴は国債の格下げとは関係ない」と一蹴。仮に司法省側が勝訴すれば、S&P社には最大50億ドルの制裁金が課せられるという。

この裁判が始まって以来、ヨーロッパ各国の国債は格下げされていない。財政問題が最悪期を越えたことは確かだが、南ヨーロッパ諸国の国債利回りは予想以上に落ち着いている。これは格下げの脅威が薄まったからだろう。アメリカ司法省がその辺を狙ったかどうかは不明だが、結果的に得をしたのは南ヨーロッパ諸国に違いない。


    ≪12日の日経平均 = 下げ -37.80円≫

    ≪13日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.