FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2013-10-15-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ デフォルトまであと2日 = アメリカの国庫が底をついて、国債の償還もできなくなるのが今週17日。月曜日はコロンブスデーの休日だから、議会で与野党が妥協を図る時間は15、16の両日しかない。この切羽詰まった状態でも、先週のダウ平均は165ドル値上がりした。週の前半はデフォルトを警戒して下げたが、後半は大きく上げている。

オバマ大統領は先週半ば、共和党の首脳をホワイトハウスに呼んで、政府の債務限度引き上げについて直接交渉した。そのあとの記者会見では、オバマ大統領も共和党首脳も「妥結には至らなかったが、有意義な会談だった」と表明。株式市場はこれを好感して反発している。

今週は16日中に、与野党の妥協が成立するか。注目はその一点に集中する。世論調査では共和党に対する批判が高まってきたので、共和党も譲歩する可能性はある。しかしデフォルトに突っ込む危険がないとは言えない。日経平均も同じ動きに乗って、先週は380円値上がりした。今週もアメリカの議会しだい。一時的な妥協が成立すれば、後半は大幅に上昇するだろう。

今週は珍しく国内の経済指標は発表なし。臨時国会が15日に始まる。アメリカでは16日に、9月の消費者物価と10月のNAHB住宅市場指数。17日に、9月の工業生産と住宅着工戸数。18日に、コンファレンスボードの9月・景気先行指数が発表される。また中国は14日に、9月の消費者物価と生産者物価。18日に、7-9月期のGDP速報、9月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資を発表の予定。


    ≪15日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.