FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- NISAの徹底研究 ③
2013-11-16-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 重要な金融機関の選択 = NISAを利用できる金融商品は、証券取引所に上場している株式・REIT(不動産投信)・ETF(上場投信)・一般的な株式投信だけ。国債などの債券・公社債投信・FX(外国為替証拠金取り引き)・先物などの金融派生商品は対象外だ。

ここで知っておかなければならないことは、証券会社と銀行の取り扱い商品。証券会社はすべての商品を扱うが、銀行は一部のネット専業銀行を除けば、株式・REIT・ETFを扱わない。したがって銀行が扱うのは、一般的な株式投信に限られることになる。

株式投資信託については、証券会社も銀行も取り扱う。だが株式投信の種類はきわめて多い。このため証券会社や銀行によって、取り扱う投信の種類はまちまち。そこをよく調べてから金融機関を決めないと、自分が買いたい種類の投信が買えなくなってしまう。NISAの規定では、いったん専用口座を開設すると、4年間は別の口座に移動することができないから注意が必要だ。

また金融機関によって、売買の際に支払う手数料もまちまち。無料のところもある。この点もよく調べてから金融機関を選んで、口座を開設したい。口座の開設手続きはすでに10月から始まっているが、NISAの実施期間中はいつでも開設が可能。焦ることは全くない。

                        (続きは来週サタデー)


    ≪15日の日経平均 = 上げ +289.51円≫

    【今週の日経平均予想 = 4勝1敗】

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.