FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
イエレンさん、 動き出す (下)
2013-11-20-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ いつかは突き当たる大問題 = FRBのバーナンキ現議長は来年1月末で退任する。イエレンさんは2月1日に就任、FRB100年の歴史で初めての女性議長が誕生するわけだ。そのバーナンキ議長は、市場から国債などを大量に買い入れる量的金融緩和政策を導入した人。イエレン女史も副議長として政策立案に携わったから、その重要性については十分に認識している。

市場のイエレン新議長にかける期待は大きい。バーナンキ路線は当然受け継ぐだろうし、専門が雇用問題だから失業者が大幅に減るまでは金融緩和を継続すると読む。このためダウ平均はまだまだ上昇するとみる楽観論も強まってきた。東京市場でも、年内に1万6000円は確実との見方が有力になっている。

だがアメリカの景気が回復を続ければ、どこかで金融緩和を縮小し始めなければならない。FRB議長の任期は4年。イエレンさんは、どこかで決断を迫られる可能性は大きい。そのとき市場を上手に納得させられるかどうか。また新興国の経済に打撃を与えずに、カジ取りができるかどうか。

バーナンキ現議長は5月に、金融緩和の“出口”を示唆して市場を大混乱に陥れた。新興国から資本が流出して、新興国の経済を圧迫した。イエレン新議長は当時の経緯もよく知っている。しかも市場からは緩和を継続する“ハト派”だと思い込まれてしまったから、カジの切り替えは余計にむずかしい。大変な荷物を背負っての船出であることに間違いない。


    ≪19日の日経平均 = 下げ -37.74円≫

    ≪20日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.