FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
本末転倒 ! : 大企業の交際費非課税
2013-11-26-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 狂い始めた自民党の感覚 = 読売新聞は23日の朝刊で「政府・与党は大企業の交際費を非課税とする方針だ」と、大々的に報道した。大企業にもっと交際費を使わせ、増税による消費の落ち込みを和らげることが目的だという。この記事を見て銀座のクラブなどは喜ぶかもしれないが、一般の人たちは何か釈然としないものを感じるのではないか。

法人税法によると、交際費は「法人が得意先、仕入先その他の事業関係者に対する接待、供応、慰安、贈答などのために支出する費用」とある。高度成長期やバブル期にはこの交際費が巷にあふれ、夜の銀座ではタクシーがつかまらないという社会現象を惹き起こした。

多額の交際費が支出されると、当然ながら企業の利益は減ってしまい、内部留保も圧迫される。そこで大企業の交際費を抑制する目的で、交際費に課税することになった。現在は中小企業だけが年800万円まで非課税となっている。国税庁の推計によると、交際費の総額はピークだった92年度の6兆2000億円から、11年度は2兆8000億円に激減している。

たしかに交際費の支出が増えれば、景気のプラス材料にはなるだろう。しかし再び接待ブームの風潮を巻き起こし、企業の体質を劣化させてまでも、景気をよくする必要があるのかどうか。そうした考え方は、もう時代遅れ。だいいち交際費を大幅に増加させた大企業の経営者は、株主総会での質問と批判に耐えられないのではないだろうか。


    ≪25日の日経平均 = 上げ +237.41円≫

    ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.