FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2013-12-15-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第15章 消費税って、なんだろう? ⑪

◇ 国の台所は火の車 = 日本の財政はパンク寸前の状態に追い込まれています。13年度予算をみても、必要なおカネは92兆6000億円。このうち税金による収入が43兆1000億円なのに対して、国債の発行額は42兆9000億円。政府が使うおカネの半分近くが、借金で調達されているわけです。

21世紀に入ってから、日本の財政状態は急速に悪化しました。国の借金である国債の発行額は、来年3月末には750兆円に達する見込みです。国債以外の借金を加えると、総額は777兆円。国の経済規模を表すGDPの1.5倍を超える大きさになってしまいます。世界の主要国と比べても、断トツに悪い数字と言えるでしょう。

財政状態が悪化した大きな原因の1つが、日本人の高齢化です。お年寄りの人数が増えた結果、国による年金や医療費の支出が急増しました。たとえば13年度予算の社会保障費は29兆1000億円。このうち年金は10兆5000億円、医療は8兆9000億円となっています。

社会保障費は今後も増大して行きます。この費用を確保するためには、消費税の引き上げもやむをえない。こういう考え方が、国民の間でも強くなりました。そこで政治家も、消費増税に賛成したのです。かつては政権の命取りとなった消費増税ですが、今回は安倍首相が増税を決断しても、内閣の支持率は特に下がりませんでした。

                       (続きは来週日曜日)


          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.