FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
株式の配当総額、4年で2倍に
2007-06-22-Fri  CATEGORY: 政治・経済
株主総会まっ盛り。ことしの特徴の1つは、企業が株主に対する利益配分を大幅に増やしていることだ。日本経済新聞の調査によると、一部上場の3月決算会社(金融を除く)1244社のうち833社が増配するという。この1244社の配当総額は4兆8000億円。4年前に比べると、2倍以上の金額である。

金融機関も含めた一部上場会社の配当総額は、新光総合研究所の集計だと5兆9500億円に達する。こうした増配ラッシュの基本的な理由は、企業の収益が絶好調なこと。上場企業はこの3月期で、5期連続の増益を記録した。特に商社、自動車、非鉄、電機、大手銀行の増配が目立っている。

株主総会で増配を要求する株主が増えたことも、その一因。外資系ファンドのなかには、会社側が計画していた配当額を7倍に引き上げるよう提案しているという。また敵対的買収が目立ってきたため、会社側は日ごろから一般株主を優遇し、味方にしておくことが必要になっている。

新興市場の上場会社や非上場会社を合わせると、配当総額は10兆円にものぼるのでは。このうち個人株主の懐にどれだけ還元されるのか。いま伸び悩んでいる個人消費が、増大した配当によって押し上げられることを期待してもよさそうだ。

    ≪21日の日経平均 = 上げ≫

    ≪22日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.