FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
軽減税率は “藪の中” (下)
2013-12-19-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 日本的な政治の典型 = 自民党が妥協したのにはワケがある。たとえば特定秘密保護法の成立ひとつをとってみても、公明党の協力は大きかった。仮にいま公明党が政権を離脱するようなことがあると、国会の運営はかなり厳しくなりかねない。公明党を本気で怒らせるわけにはいかなかった。

公明党が軽減税率の導入に固執したのにもワケがあった。母体の創価学会はもともと消費税率の引き上げには反対。にもかかわらず公明党が消費増税に賛成できたのは、軽減税率の導入で創価学会を説得したという経緯がある。だから導入を諦めるわけにはいかなかった。自民党もその間の事情はわきまえている。

それでも自民党は、軽減税率の導入に賛成したわけではない。現実問題として「税率10%の間に導入する」など、出来るはずがない。いったん10%に上げた税率を、途中で5%に下げたら大混乱に陥ることは必定だ。おそらく内心では“玉虫色”の文言で時間を稼ぎ、結局はうやむやにする積りなのだろう。

公明党もその辺のところは、承知の上なのかもしれない。だとすれば今回の合意文書は、自民党と公明党がアウンの呼吸で合作したことになる。まことに日本的な政治決着と言うしかない。騙されたのは自民党でも公明党でもなく、国民だということになるのかも。“藪の中”である。


    ≪18日の日経平均 = 上げ +309.17円≫

    ≪19日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
>
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.