FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
金融緩和の縮小を決断 / FRB (下)
2013-12-26-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 今後のカジとりは超微妙 = FRBによる資金の放出が減少すれば、株式市場に流入するおカネの量も減る。これまで市場はこう考えて、金融緩和の縮小を警戒してきた。だが緩和の縮小が現実のものになると、株価は逆に急騰した。景気回復の強さを再認識したこともあるが、先行きの不透明感がなくなり、アク抜けしたという見方も多い。

だが当面はアク抜きできたとしても、来年はまた不透明感が湧き出すだろう。今後の見通しについて、バーナンキ議長は「量的緩和の終息は来年後半になる」と予想した。来年のFOMCは8回ある。とすれば、毎回少なくとも100億ドルずつ縮小する計算だ。

今回は緩和縮小の決断が、株高と円安をもたらした。おかげで東京市場も高くなっている。しかし縮小が進むにつれて、この傾向はどこかで消滅する公算が大きい。そのときは再び「緩和予想⇒株安・円高」の構図が復活する。だから安心は禁物である。

もちろん、緩和の縮小はアメリカ経済の順調な回復が大前提となる。雇用の改善などが足踏みするようだと、緩和の縮小はストップする。逆に景気の回復力が強すぎて物価の上昇が速まれば、縮小は加速されるかもしれない。この辺の判断とカジとりは、来年2月に登場するイエレン新議長に託されることになる。


    ≪25日の日経平均 = 上げ +120.66円≫

    ≪26日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.