FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2014-01-14-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 霧が出てきた株式市場 = うっすらとした霧が、日米の株式市場に広がり始めた。昨年末までの晴天はどこへやら。新年の株価はやや変調気味だ。先週の日経平均は379円の値下がり。ダウ平均も2週連続の下落で、週間33ドル値下がりした。

年初来の値下がりは、昨年後半の急速な値上がりに対する反動なのか。それともニューヨークは金融緩和縮小の進行に対する警戒感、東京は消費増税に対する不安感の反映なのか。その辺の見極めが付きにくくなったことから、迷いの霧が発生した。単なる高値警戒感なら、しばらくすれば上昇軌道に復帰できる。

いまのところ市場では、この復帰論の方が有力だ。しかし株価の調整が長引けば、楽観論はしだいに力を失うだろう。その意味で、今週の株価動向は注目に値する。アメリカでは週末にFRBが定例のFOMC(公開市場委員会)を開く。そこで金融緩和縮小の第2弾を決めるのかどうか。市場がどう読むのかがポイントになる。

今週は14日に、11月の国際収支と12月の景気ウォッチャー調査。16日に、11月の機械受注と第3次産業活動指数、12月の企業物価。アメリカでは14日に、12月の小売り売上高。15日に、12月の生産者物価。16日に、12月の消費者物価と1月のNAHB住宅市場指数。17日に、12月の住宅着工戸数と工業生産、1月のミシガン大学・消費者信頼感指数が発表される。


    ≪14日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.