FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
点睛を欠いた 中国貿易の記事
2014-01-16-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大切なのは対日輸入の傾向 = 中国税関総署は先週、13年の貿易統計を発表した。それによると、輸出は前年比7.9%増の2兆2100億ドル。輸入は7.3%増の1兆9500億ドルだった。この結果、貿易収支は2597億ドルの黒字となっている。輸出額が5年連続で世界一となるのは確実だ。

中国の貿易総額は4兆ドルを超え、前年比で7.6%の伸びを示した。しかし日本との貿易総額は、尖閣列島をめぐる政治的摩擦の影響で5.1%減っている。日本への輸出は0.9%減、日本からの輸入は8.7%減と大幅に減った。減少幅も12年の3.9%減から拡大している。

日本の大新聞はみな、北京発のこのような記事を載せている。だが読者が知りたい肝心な点に触れていない。というのも昨秋以降は現地の日系店舗や日本製品に対する激しい行動も鎮まり、対日輸入も回復しつつある。たとえば昨年11月は日本車(現地生産を含む)の販売シェアが、国別で第1位に返り咲いた。

こうした動きが、中国の貿易統計にどう反映しているのか。13年全体の数字を紹介するのもいいが、特に対日輸入の状況を、月次や四半期の数字で示してもらいたかった。中国税関総署が発表した分だけを報道するなら、記者として北京に駐在する意味がない。


    ≪15日の日経平均 = 上げ +386.33円≫

    ≪16日の日経平均は? 予想 = 上げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.