FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
トヨタと松下、強者の株式持ち合い
2007-06-28-Thu  CATEGORY: 政治・経済
トヨタ自動車と松下電器産業が、株式を持ち合うことで合意した。この両社はすでにハイブリッド車に使用する特殊電池の開発、製造では提携している。連携をさらに強めるために、株式の持ち合いにまで踏み切ったと、新聞は報じている。

株式持ち合いは、かつての高度成長期からバブル崩壊まで盛んに行われていた。大銀行を中核とした旧財閥グループ間はむろんのこと、同業種や異業種の間でも。日本独自の慣行と言われ、海外からは批判の目で見られていた。それがバブル崩壊後は、株価の下落や株主からの批判を浴びて、持ち合いの解消が急速に進行している。

持ち合いは、もし同額の株式を所有し合うことにすれば、両社は実際には現金を支出することなく、会社の資産を増やすことができる。だが結果として、既存株主は持ち株比率が下がって権利を阻害される。また会社の資産効率は悪くなる。その半面、TOB(株式公開買い付け)などに対する防衛能力は増強されるだろう。

今回のトヨタと松下による持ち合いは、あくまで事業提携の強化が目的だと伝えられている。だがブルドックソースなどの例にみられるように、TOBの事例も急増してきた。日本を代表するトヨタと松下の株式持ち合いをきっかけに、TOB対策としての株式持ち合いが復活するような気がしてならない。

    ≪27日の日経平均 = 下げ≫

    ≪28日の日経平均は? 予想=上げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ


    






ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.