FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
船頭多くして・・・ / G20会議
2014-02-27-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 共通項は成長だけだった = G20(主要20か国)の財務相・中央銀行総裁会議がシドニーで開かれ、世界経済の成長率を「5年で2%以上底上げする」目標を明示した共同声明が採択された。数値目標の設定は初めての試み。11月に予定されるブリスベーンでのG20首脳会議までに、この目標を達成するための具体的な方策を練ることになった。

G20というのは、先進7か国で構成するG7に、中国やインドなど13の新興国が参加した組織。この20か国で、世界全体のGDPの8割を占めている。IMF(国際通貨基金)によると、14年と15年の世界経済は3.7-3.9%の成長見通し。GDPの底上げに成功すれば、18年の世界経済は6%に近い成長を達成することになる。

だが成長率を2%上げるための方策は、見つかるのだろうか。早くも各方面から疑問の声が上がっている。またG20の内部でも、たとえば財政に余裕のあるドイツや中国がもっと財政支出を増やすべきだという主張に、両国は「内政干渉だ」と反発。新興国からは「アメリカの金融緩和縮小は慎重に」といった要求も相次いだ。

各国の財政政策や金融政策に注文を付ければ、反発される。TPP(環太平洋経済連携協定)の成立は経済成長の促進剤になるが、G20にはTPPと関係のない国もあって触れにくい。そこでIMFと主催国のオーストラリアが「2%成長底上げ」を会議のテーマに選定した次第。成長の促進だけなら、どこの国も文句は付けにくい。船頭が多くなったG20が登った山である。


    ≪26日の日経平均 = 下げ -80.63円≫

    ≪27日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.