FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
中小企業は 人手不足
2014-03-14-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ 大企業の倍近い不足感 = 内閣府と財務省が12日発表した1-3月期の法人企業景気予測調査をみると、いろいろなことが判る。まず企業の業況判断は、大企業・全産業がプラス12.7で前期比4.4ポイント上昇した。景気の回復基調に加えて増税前の駆け込み需要が発生したため、景況感は04年以来で最高となっている。ただ中堅企業や中小企業・製造業も判断がプラス領域に上昇したなかで、中小企業・非製造業だけはマイナス0.5にとどまった。

この調査は、資本金1000万円以上の法人企業1万2557社が対象。前期に比べて景況感が「上昇」した回答の割合から「下降」した回答の割合を引いて算出している。4-6月期の見通しも聞いているが、大企業・全産業ではマイナス9.8に低下する。これは駆け込み需要の反動を見込んでいるため。1-3月期からの落差は、かなり大きくなると覚悟しているようだ。

ことし3月末時点での従業員の過不足感についても、「不足」から「過剰」を引く形で指数を算出した。その結果は、大企業ではプラス10.0。中堅企業がプラス17.4だったのに対し、中小企業は19.1といちばん大きい。全体に人手不足感は強まっているが、規模が小さくなるほど従業員の不足に悩んでいる姿が浮き彫りされている。

こうした状況を反映して、13年度の利益配分についての回答でも相違が出た。大企業と中小企業はともに、利益配分の第1位が「内部留保」だった。これに対して、中小企業の使途第1位は「従業員への還元」。景気の回復期には、業績の回復はいちばん遅いのに、人手不足は深刻になる中小企業の悩みが今回も表れてきた。


    ≪13日の日経平均 = 下げ -14.41円≫

    ≪14日の日経平均は? 予想 = 下げ

          ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
          
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.