FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
公共事業の前倒し : 人手確保が難 (上)
2014-04-03-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 上半期に10.3兆円を投入 = 安倍首相は先週末の閣議で「新年度予算の執行を4-9月期に集中するよう」指示した。具体的には公共事業費や備品・事務用品の購入費12兆円分について、その4割以上を6月末までに、6割以上を9月末までに実行する。財務省によると、13年度予算の場合、9月末の執行率は49%だった。

すでに政府は13年度の補正予算に関しても、執行の前倒しを決めている。具体的には3兆4000億円分を6月末までに7割以上、9月末までに9割を執行する方針だ。したがって14年度予算と13年度補正予算を合計すると、上半期中に公共事業費など約10兆3000億円の財政資金が集中的に投入されることになる。

こうした措置は、消費増税が景気に及ぼす悪影響をできるだけ小さくすることが目的。増税によって企業や家計の資金が政府に吸い上げられるほか、4-9月期には駆け込みの反動による需要減少が確実に現われる。これによる景気の落ち込みをできるだけ小さくしないと、来年10月に予定する消費税10%の実現も危うくなってしまう。

民間の調査機関やエコノミストの予測を総合すると、1-3月期のGDP成長率は駆け込み需要の影響もあって、年率5%程度の伸びになった模様。これが4-6月期にはマイナス4%前後に低下する。ただ7-9月期になると回復して、2.2%程度のプラス成長に戻るという見方が大勢を占めている。政府支出の前倒し措置は、こうした予測を現実のものとするための政策と考えていいだろう。

                       (続きは明日)


    ≪2日の日経平均 = 上げ +154.33円≫

    ≪3日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.