FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業倒産が 歴史的低水準に
2014-04-10-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 上場企業ゼロは19年ぶり = 東京商工リサーチの集計によると、13年度の企業倒産件数は1万0536件で前年度を10%下回った。これは91年度以来の低水準。また負債総額は2兆7750億円で、前年度比9.7%の減少。89年度以来24年ぶりに3兆円を割り込んでいる。倒産の発生は、バブル崩壊前の状態に戻ったと言えるだろう。

特に大型倒産が減少した。負債総額10億円以上の倒産は308件。89年度以来の低水準だった。このため東証1部、2部の上場会社は、19年ぶりに倒産ゼロとなっている。また大型倒産が減少した結果、負債総額1億円未満の小規模倒産が全体の7割以上を占めることになった。

業種別にみても、倒産は金融・保険を除く全業種で減少した。建設、製造、卸し、小売り、不動産業では過去20年間で最少の倒産件数となっている。個別の倒産で負債がいちばん大きかったのは、カブトデコム(北海道、建設業)の5061億円。次いでエス・エス・アール(東京都、不動産業)の1650億円など。

倒産は景気のバロメーターと言ってよい。その件数が減ったのは、景気の回復が進行した証拠だろう。特に建設業などは、震災復興のための需要増加が大きく貢献した。そうしたなかで気になるのは、前年度比で40%減少したとはいえ、震災関連の倒産がまだ282件もあったこと。14年度は消費増税関連の倒産を、どこまで抑えられるかが課題となるだろう。


    ≪9日の日経平均 = 下げ -307.19円≫

    ≪10日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.