FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2014-04-14-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 売り込まれた東京市場 = 株式市場にとっては、きびしい一週間だった。ダウ平均は先週386ドルの値下がり。日経平均は大きく売り込まれて、週間1104円の大幅安。高値警戒とか利益確定の売り物とか、あるいはウクライナ情勢とか中国経済への不安とか、いろいろ理由づけされているが、それだけではどうも説明できない。

ニューヨーク市場では雇用統計が堅調だったことから、FRBの金融緩和縮小は継続されるという予測が強まっていた。そこで投資家は実体経済を重視する姿勢に変わろうとしたが、運悪くハイテク企業の業績悪化という事態に直面。ステラ・モータースやフェイスブック、アマゾンなどの株価が急落した。これで地合いがいっぺんに悪化したようだ。

東京市場は、このニューヨークの動きに引きずられた。加えて日銀の黒田総裁が「追加的な緩和は考えていない」と明言したため、円相場が急騰。これでまず輸出株が売られ、さらに消費増税の影響が不透明なことから内需株も売られることになった。輸出株と内需株のダブルパンチで、下げ幅が08年10月以来の大きさに広がったとみることができる。今週は反発の動きがみられるかどうか。

今週は17日に、4月の月例報告と3月の消費者動向調査。18日に、2月の第3次産業活動指数。アメリカでは14日に、3月の小売り売上高。15日に、3月の消費者物価と4月のNAHB住宅市場指数。16日に、3月の工業生産と住宅着工戸数。また中国が16日に、1-3月期のGDP速報、3月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資。18日に、主要70都市の住宅価格を発表する。


    ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.