FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
8-1=20 / ロシア式計算法
2014-04-18-Fri  CATEGORY: 政治・経済
◇ ロシアの読み勝ち? = G20(主要20か国会議)は先週オーストラリアで首脳会議を開き、「ウクライナ支援を支持する」共同声明を採択した。これにはロシアも賛成したから、一見するとウクライナ問題は解決に向かって前進したかのように見受けられる。しかしウクライナ国内の情勢は緊張を強める一方。G20会議で得をしたのはロシアだけ、という結果に終わったようだ。

ロシアのクリミア併合宣言に反発した西側先進国は、G8(主要8か国会議)からロシアを追放した。もともと米英日などの先進国は、結束を強めるため1976年にG7(先進7か国会議)を結成。98年にロシアが参加して出来たのがG8だった。したがって先進国側の算術としては、7+1=8だったものが8-1=7に戻っただけということになる。

だがロシアの計算法は違っていた。新興諸国の国力が大きくなったことから、中国やインドなどの新興国を含めたG20が99年に結成されている。だからG8が消滅しても、ロシアも加盟しているG20を利用すればいい。8-1=20、これがロシアの算術だった。

G20は参加国が多く、話はまとまりにくい。今回の首脳会議でも、ウクライナを「経済的に支援することを支持する」ことで一致するのが精いっぱいだった。ロシアはウクライナに対して、多額のカネを貸し込んでいる。そのウクライナが財政破綻すると最も困るのはロシア。G20会議の成果をそこまで読み込んでいたとすれば、ロシアのしたたかさには驚くしかない。


    ≪17日の日経平均 = 下げ -0.15円≫

    ≪18日の日経平均は? 予想 = 上げ

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.