FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2014-05-25-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第16章 失業率って、なんだろう? ⑰

◇ 低いのは東海、高いのは沖縄 = 失業率は地域によっても、かなり違います。労働力調査では全国を11の地域に分けていますが、13年の結果をみると、失業率が最も低かったのは東海地方で3.3%でした。続いて北陸、北関東・甲信、中国、四国地方までが、全国平均の4.0%を下回っています。

反対に最も失業率が高かったのは沖縄地方の5.7%。次いで北海道と九州、近畿と南関東地方が全国平均を上回っています。震災の被害を受けた東北地方は4.0%で、全国平均と同じでした。少しびっくりしたのは前年比でみると、北関東・甲信と中国地方の失業率がやや増加したことです。

3年前の状態と比べてみましょう。沖縄が変わらなかったのを除けば、あとの10地域ではすべて失業率が改善しています。いちばん改善したのは東北地方で、5.7%が4.0%へ。2番目は近畿地方で5.9%⇒4.4%。3番目は九州地方で5.7%⇒4.5%でした。東北地方は大震災の復興事業が貢献したためです。

失業率は、景気の状態をよく反映する経済指標です。各地域の失業率に差が出るのは、地域によって景気の状態が異なることを示しています。前年あるいは3年前との比較は、景気回復のスピードを表わしていると言えるでしょう。消費増税の影響で、今後の失業率はどう変わって行くのか。みなさんも注意してみてください。


           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング


    
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.