FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- ヨーロッパ経済の復調 ①
2014-05-10-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ ギリシャが自力で国債発行 = 最近、ヨーロッパから明るいニュースが届くようになった。まずは4月10日、あのギリシャが4年ぶりに国債の発行を再開。見事に30億ユーロ(約4200億円)の調達に成功した。4年前のいまごろは、国債の償還や利払いができなくなって、デフォルト(債務不履行)寸前にまで追い詰められていた国である。

続いてポルトガルも4月23日、国債の発行に踏み切った。こちらも7億5000万ユーロ(約1050億円)を無事に消化している。ポルトガルの国債発行は3年ぶり。当時はギリシャと並んで、財政破たんの道を歩んでいた。さらにアイルランドも3月中旬に国債発行を再開、37億5000万ユーロ(約5250億円)の資金を調達している。

こうした国々が3-4年ぶりに自力での資金調達に成功したことは、ヨーロッパが09年秋に始まった経済危機を何とか乗り切ったことの証し。少なくとも最悪期を脱出し、正常化への道を進み始めた象徴的な出来事だと言えるだろう。仮にヨーロッパ経済がこのまま順調に回復して行けば、世界経済全体にとっても大きなプラス要因になることは言うまでもない。

ただヨーロッパ諸国が、まだまだ大きな不安材料を抱えていることは確かだ。当面のウクライナ情勢はさておくとしても、南ヨーロッパ諸国のなかには財政再建が進まない国もある。景気の低迷や高止まりしたままの失業率。国民の不満も消え去ってはいない。その不満が政治の不安定につながる危険性も、決して減ってはいない。

                        (続きは来週サタデー)


    ≪9日の日経平均 = 上げ +35.81円≫

    【今週の日経平均予想 = 3勝0敗】

           ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.