FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
売り手市場になった 新卒の就職
2014-05-20-Tue  CATEGORY: 政治・経済
離職率はどうだろう = 文部科学省と厚生労働省は、この春卒業した大学生の就職率を共同で調査し発表した。それによると、4月1日時点での就職率は94.4%だった。3年連続の上昇で、昨年の実績を0.5ポイント上回っている。リーマン・ショック前の08年の96.9%には及ばないが、就職戦線は完全に“売り手市場”になっていた。

就職率を男女別にみると、男性が93.8%だったのに対して女性は95.2%と女性上位。また文科系が94.0%だったのに対し、理科系は96.4%だった。ことし就職を希望した大学生は40万5000人で、卒業者全体の71.5%を占めていた。ここでも女性の比率は81.0%と高くなっている。

就職率の上昇は、景気の回復を反映している。特に建設、流通、サービス部門での採用増加が目立った。また中小企業が人材確保に積極的だったことも、ことしの特徴。その背景には、景気の回復だけでなく、長期的な労働人口の減少に備える意識が働いたのかもしれない。

このように、ことしの新卒は採用増加の波に乗ることができた。しかし最近は新入社員が職場になじめず、早期に辞めてしまうケースが増えている。仕事の内容や職場の雰囲気に抵抗感があるとか、通勤そのものに耐えられない若者も増えているようだ。文科省と厚労省は、入社後1年ないし3年での離職率も調査すべきだろう。


     ≪19日の日経平均 = 下げ -90.15円≫

     ≪20日の日経平均は? 予想 = 上げ

                ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.