FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
罪深くなってきた円安(下)
2007-07-06-Fri  CATEGORY: 政治・経済
円安にはメリットもあるが、デメリットもある。多少の円安ならば、輸出が伸びて景気も押し上げられる。しかし円安が行き過ぎると、全体としてデメリットの方が大きくなってしまう。現状はもう完全にその局面に入ってきた。

特に中小企業の経営を大きく圧迫している点が問題。各種の調査をみると、大企業の業績は絶好調だが、中小企業は悪戦苦闘している。景気の回復がこれだけ長く続いているのに、中小企業の業績は一向によくならない。工業原材料、エネルギー、食料などの輸入品が値上がりして、仕入れ価格が高騰しているのに価格転嫁ができないからである。

円安の主たる原因は、日本の超低金利にある。現在の政策金利はアメリカが5.25%、ユーロ圏が4%、ニュージーランドは8%だ。これに対して、日本はわずか0.5%。金利の安い日本から高金利の国へ、おカネがどんどん流れ出している。このとき円を売って外貨を買うから、円相場は安くなる。

いま米ドルは、ユーロなどの通貨に対して最安値圏にある。そのドルに対しても、日本円はかなり安い。BIS(国際決済銀行)も報告書で「最近の円安は明らかに異常」と警告した。こうした状態が続くと、円は主要通貨としての地位を失う危険性が高い。行き過ぎている現在の円安について、政治家も役人も大企業もこうした視野からの発言はない。

    ≪5日の日経平均 = 上げ≫

    ≪6日の日経平均は? 予想=上げ

    PLease click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.