FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
企業の利益は大幅減少 / 日銀短観
2014-07-02-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 経営者の慎重さを反映? = 日銀は1日、6月の企業短期経済観測調査を発表した。それによると、大企業・製造業の業況判断指数はプラス12で、3月調査より5ポイント悪化した。大企業・非製造業もプラス19で、同じく5ポイント悪化している。これは消費増税に伴う駆け込み需要の反動減による低下。ほぼ事前に予測されていた通りの結果だった。

3か月先の予測をみると、大企業・製造業はプラス15に改善。大企業・非製造業はプラス19で、6月と変わらない見通し。この予測通りなら、9月には景気が回復軌道に復帰することになる。この見通しを受けて、1日の東京市場では株価が大幅高。消費増税の影響は長引かないことが、再確認された形となった。

設備投資についての調査も、こうした楽観論を裏付けている。14年度の設備投資計画は大企業・全産業で7.4%の増加、13年度の実績2.5%増をかなり上回っている。ただし中小企業・全産業の場合は、13年度の21.0%増から、14年度は19.7%減に落ち込むのがやや気がかりだ。

それ以上に納得しにくいのは、経常利益の見通しである。大企業・製造業では13年度の実績48.7%増加に対して、14年度は3.0%減に落ち込む予想。全産業‣全規模ベースでみても、28.4%の増益が5.4%の減益になってしまう。業況判断や設備投資計画とは整合しにくい感じだ。その原因が、先行きに慎重な日本人経営者の特異な姿勢にあるのなら、話はまた別だが・・。 


      ≪1日の日経平均 = 上げ +164.10円≫

      ≪2日の日経平均は? 予想 = 上げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.