FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
剰余金は1兆4000億円 : 13年度決算 (上)
2014-07-09-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 何に使うかで大論争 = 財務省が発表した13年度の決算見通しによると、税収の上振れや予算の使い残しなどで余った剰余金は1兆3987億円になった。政府部内ではこの剰余金をめぐって、早くも使い道についての大論争が巻き起こっている。法人減税の財源、新規国債発行の減額、それとも10%消費税の実現に向けて景気対策に使うのか・・・。

景気の回復によって、税収は想定を1兆5989億円上回った。内訳をみると、所得税が7458億円、法人税が4287億円、消費税が1802億円などとなっている。いずれも景気の回復を反映した結果だが、所得税の場合は14年度から株式の売却益に対する課税が強化されたため、13年度中に利益を確定する売りが膨らんだという一時的な原因も貢献した。

ほかに日銀納付金などの税外収入が6230億円。さらに歳出面で、金利の低下で国債費が5172億円、不用になった予備費などを含めて1兆6630億円の財源が使い残された。これらを合計すると、13年度は決算上3兆8850億円のおカネが浮いたことになる。

ただ財務省は、ここから例によって2兆0075億円を先取りして、13年度の新規国債発行を減額してしまった。すると残りは1兆8775億円。さらに法律で決められている地方交付税交付金への支出4788億円を差し引くと、政府が14年度に使える剰余金は1兆3987億円になるという計算だ。

                                 (続きは明日)


      ≪8日の日経平均 = 下げ -65.03円≫

      ≪9日の日経平均は? 予想 = 下げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.