FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2014-07-14-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ ポルトガルの銀行危機 = 日経平均は先週月‐金の5日間、すべて値下がりした。5日間の続落は12年11月以来1年8か月ぶり。ただ週間の下落幅は273円で、それほど大きくはない。ニューヨーク株式が軟調だったことに加えて、国内の年金買いが途絶えたことも響いた。投資家は下旬から本格化する決算発表の結果を見たがっている。

ダウ平均は週間124ドルの値下がり。先々週1万7000ドルに届いたことから、利益確定売りが増大した。新しい材料は、ポルトガルの最大手銀行バンコ・エスピリト・サントの経営不安。これが投資家の高値警戒感を増幅した。その根底には、順調すぎる雇用情勢の改善で、FRBによる金利引き上げの時期が前倒しされるのではないかという不安感が流れている。

ポルトガルの銀行危機でイタリアやスペインの株価も下落した。しかし信用不安が拡大する可能性は小さい。ただニューヨーク市場で株を売った資金が債券に流れ、これがドル安・円高という経路をたどって、東京市場にも重苦しさを与えている。今週はニューヨーク、東京ともに、反発モードに入るのか。それとももう少し様子見を続けるのか。

今週、国内では主要な指標の発表なし。アメリカでは15日に、6月の小売り売上高。16日に、6月の工業生産と生産者物価。7月のNAHB住宅市場指数。17日に、6月の住宅着工戸数。18日に、7月のミシガン大学・消費者信頼感指数と6月のカンファレンス・ボード景気先行指数。また中国が16日に、6月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資。それに4-6月期のGDP速報を発表する。


      ≪14日の日経平均は? 予想 = 上げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.