FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント
2014-08-04-Mon  CATEGORY: 政治・経済
◇ 引導渡されたウォール街 = ダウ平均は先週467ドルの値下がり。1月下旬以来の大幅な下げで、株価は2か月半前の水準に逆戻りしてしまった。ウクライナを巡る米ロ関係の悪化やアルゼンチンの一部債務不履行なども売り材料になったが、主たる原因はいよいよFRBによる量的金融緩和の終了時期が近付いたこと。

FRBは30日のFOMC(公開市場委員会)で、国債などの買い入れ額を8月は250億ドルに縮小することを決めた。この調子だと量的緩和は予定通り10月に終了することを、最後通告された形である。政策金利の引き上げは来年になるとしても、アメリカ経済にとって量的緩和の終了は初めての経験。投資家は好調なGDPや雇用統計にも目をつぶって、ひとまずはリスク回避に動いたようだ。

日経平均は先週65円の値上がり。ダウが大幅安なのに、日経平均が上昇することは珍しい。業績見通しを上方修正する企業の多いことが、株価を支えている。また31日は、前日のダウが下げ、円相場が57銭も反騰したのに、日経平均は25円安に踏みとどまった。これも珍しい。東京市場でも、投資家の意識が変わってきたのだろうか。

今週は6日に、6月の景気動向指数。8日に、6月の国際収支と7月の景気ウォッチャー調査。アメリカでは5日に、7月のISM非製造業景況指数。6日に、6月の貿易統計。また中国が5日に、HSBCサービス業PMI。8日に、7月の貿易統計。9日に、7月の消費者物価と生産者物価を発表する。


      ≪4日の日経平均は? 予想 = 下げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.