FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
男性も80歳を超えた : 平均寿命 (下)
2014-08-07-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 70歳以上を「高齢者」に = いまから50年ほど前、1965年(昭和40年)の平均余命を調べてみると、65歳の男性は11.88年だった。これに対して13年の場合、65歳の男性は19.08年で、50年前より7年以上も延びている。また13年の場合、70歳の男性は平均余命が15.28年で、50年前の65歳より3年以上も長くなっている。

これが現在の“高齢化”の実態である。仮に65歳で定年を迎えると、残りの19年を年金で暮らさなければならない。この結果、年金の支給額が急増し、制度の維持が困難になってきている。平均余命からみる限り、いまの70歳は50年前の65歳より若いとさえ言えるだろう。この際、思い切って「高齢者」の定義を70歳以上に変更すべきではないだろうか。

人口の減少によって、長期的な人手不足が心配されている。しかし定年が70歳に延長され、生産年齢人口が15-69歳となれば、40年時点で潜在的な働き手を900万人増やすことができる。これらの人々が元気で働けば、医療費の伸びも抑制されるだろう。年金を貰う側から保険料を納める側に回れば、年金財政も格段に改善することが期待される。

70歳定年制は、一夜にして導入できるものではない。段階的な計画と周到な準備が必要である。たとえば週4日・一日6時間労働といった新しい制度も考えるべきだろう。政府・与党は一日も早く、この“日本人若返り”政策の断行を、内外に向けて宣言すべきだ。アベノミックス“第5の矢”にもなるのではないか。


      ≪6日の日経平均 = 下げ -160.52円≫

      ≪7日の日経平均は? 予想 = 下げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.