FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
輸出不振の原因を 究明せよ (下)
2014-08-13-Wed  CATEGORY: 政治・経済
◇ 円安でも伸びない輸出 = 経常収支の赤字は今後も続くのだろうか。赤字の主たる原因になっている輸入には、減少する気配がない。原発が何基か稼働しなければ、火力依存の状態は変わりそうにないからである。エネルギーの国際価格は、中東情勢の影響もあって高止まりが続くだろう。さらに円安が進めば、日本の輸入額はもっと膨れる。

一方、輸出不振の原因はいくつもある。かつての花形だった電機の凋落。1-6月期の輸出額は5兆9000億円で、10年前に比べると1兆円減少した。その半面、この間の輸入額は2兆円増加している。この結果、電機に限った1-6月期の貿易収支は10年前の黒字3兆5000億円が、ことしは4000億円の黒字に収縮してしまった。

よく指摘される原因の1つに、生産拠点の海外シフトがある。一例を挙げれば、自動車の生産台数。ことし1-3月期の国内生産台数は266万4000台だった。ところが海外での生産台数は431万7000台。最近は部品工場の海外進出も目立ってきた。だから日本からの輸出が減り、それだけ円安の恩恵も小さくなる。

ほかにも企業のコスト面からみて、国際的に比較しても圧倒的に高いハードルが2つある。1つは法人税率。もう1つは電力料金だ。この2つのハードルが、日本企業の国際競争力を確実に蝕んでいる。政府・日銀は「今後は円安が進んで、輸出は回復する」と言っているが、1-6月期の実績からみても実現性は疑わしい。もっと現実を直視して、輸入を抑え輸出を伸ばす施策を真剣に考えるべきではないか。


      ≪12日の日経平均 = 上げ +30.79円≫

      ≪13日の日経平均は? 予想 = 下げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.