FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
持ち直した5月の機械受注
2007-07-11-Wed  CATEGORY: 政治・経済
設備投資の先行指標となる機械受注額が、予想外の回復ぶりを見せた。内閣府が9日発表した5月の機械受注は、船舶と電力を除く民間需要分が前月比5.9%増の1兆0717億円。この増加率は市中の事前予測をかなり上回った。2月から3月にかけて減少した機械受注が、持ち直してきたことを物語っている。

この統計は機械製造業の280社を対象に、毎月集計されている。特に景気変動の要因となる民間企業の設備投資の先行指標となるのは、民間需要のうちから船舶と電力を除いた部分。船舶と電力は発注が不規則で多額なために、全体の趨勢を見るためには不適当だという理由で除かれている。

その船舶・電力を除く民需は、2月に前月比4.9%減、3月も4.5%減となり、今後は設備投資が減少するのではないかと心配された。それが4月に2.2%の増加となったあと、5月は5.9%増まで回復したわけである。

5月分の内訳けをみると、製造業が15.3%の増加となって大きく盛り返した。なかでも石炭・石油製品工業は172.1%の増加。また注目されている電気機械が23.1%、自動車工業も12.1%増加と回復した。内閣府は3月の時点で4-6月は11.8%の減少と予測していたが、この予測は幸いなことにはずれるだろう。

    ≪10日の日経平均 = 下げ≫

    ≪11日の日経平均は? 予想=下げ

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.