FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
ドイツが マイナス成長に (上)
2014-08-19-Tue  CATEGORY: 政治・経済
◇ 対ロシア経済制裁が響く = EU統計局が発表した4-6月期のGDP速報によると、ユーロ圏18か国の実質成長率はゼロ。EU加盟28か国の成長率は前期比0.2%だった。1-3月期はそれぞれ0.2%、0.3%だったので、わずかながら成長は鈍化したことになる。そんななかで衝撃的なのは、ヨーロッパの優等生と言われたドイツの成長率がマイナス0.2%に落ち込んだことだ。

ドイツのGDPはユーロ圏の約3割を占める。リーマン・ショックの影響で09年の成長率はマイナス5%に低下したが、その後は順調に回復。南ヨーロッパの金融危機に際しても支援の先頭に立って、常にヨーロッパ経済をリードしてきた。ことし1-3月期の成長率も前期比0.7%だったが、そこから大きく後退した。

後退の原因は、輸出が大幅に減少したこと。特にウクライナ情勢を巡って経済制裁が実施されたロシア向けの輸出減退が響いている。4-5月の対ロシア輸出は、前年比17.2%の減少。たとえばフォルクスワーゲンの対ロ輸出は、1-6月期に8.5%縮小した。こうした輸出の減退で、4-6月期の工業生産も1.5%低下している。

ドイツ以外のGDP成長率をみると、イタリアがマイナス0.2%。2四半期連続のマイナス成長で、景気後退入りと宣告された。またフランスは2四半期連続でゼロ成長。ユーロ圏内の失業率はまだ2ケタ、6月も11.2%だった。スペインの若年失業率は、なんと53.5%にのぼっている。こうした状態で、牽引車のドイツがマイナス成長に陥った。ヨーロッパ経済は大丈夫なのだろうか。

                                   (続きは明日)


      ≪18日の日経平均 = 上げ +4.26円≫

      ≪19日の日経平均は? 予想 = 上げ

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.