FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 上げ潮に乗る REIT ⑤
2014-08-30-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ いつでも市場で売買 = REITは1960年にアメリカで生まれ、いまでは各国に普及した。ただ、その制度は国によって異なっている。日本はJ-REIT(日本版不動産投信)の本体として、役員が数人しかいないペーパー・カンパニーを設立。この投資法人が、外部の資産運用会社に業務を委託する形をとっている。

これらの運用会社が個別のREITを立ち上げて上場し、一般から出資を募っている。このため市場ではリアルタイムで価格が決まり、投資家はいつでも売買することが可能だ。これら個別REITの大半は6か月ごとに決算。したがって分配金も年2回のところが多い。

いま上場されている46銘柄を分類してみると、まず大きくは集中型と統合型に分けられる。集中型というのは、たとえばオフィスビルだけに投資するタイプ。オフィスビルのほかにマンションや商業施設、物流施設など、特定の物件に投資する。最近では、老人ホームや病院に投資するREITも現われている。

これに対して統合型は、オフィスビルと商業施設の両方といったように、いろいろな物件に投資するタイプ。銘柄数からみれば集中型の方が多いが、どちらが有望かは一概には言えない。いずれにしてもREITに投資する場合は、その会社が具体的にどんな物件を保有しているのか。きっちりと調べ上げる必要がある。

                                   (続きは来週サタデー)


      ≪29日の日経平均 = 下げ -35.27円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】

                 ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.