FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サンデー実験室 = 新・孫に聞かせる経済の話
2014-09-28-Sun  CATEGORY: 政治・経済
第17章 国際収支って、なんだろう? ⑱

◇ 1-7月間では赤字 = 最後にいちばん新しい統計をみて、最近の状況を確認しておきましょう。財務省が発表した7月の国際収支状況によると、経常収支は4167億円の黒字でした。貿易・サービス収支は1兆2871億円の大赤字でしたが、所得収支が1兆7000億円の黒字を出したために、その両方を合計した経常収支はなんとか黒字になっています。

ところが、ことし1-7月間でみると経常収支は908億円の赤字となっています。これは所得収支の黒字が、貿易・サービス収支の赤字を補い切れない月があったためです。言い換えると、国際収支の現状は、ほぼとんとん。クローサー先生が言う「成長期」は完全に過ぎ、次の「成熟期」を飛ばして一気に「取り崩し期」に入りそうな状況なのです。

こんな状況は、全く異常としか言いようがありません。この異常さは、これまで何度も指摘してきたように、火力発電に使う燃料の輸入が激増したことに主たる原因があります。つまり東日本大震災によって、原発の運転が停止してしまったこと。これが日本の国際収支を異常にしてしまった根本的な原因なのです。

経常収支の赤字は、その分だけ日本の富が海外へ流出することを意味します。日本の企業や家庭が高くなった電気料金を支払う形で、おカネが燃料の産出国に流れているのです。しかし原発の再稼働は、やっと年内に鹿児島県の川内原発が動くかどうかというところ。国際収支の異常は、まだ当分は続きそうです。 


               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.