FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
円安 行き過ぎは危険! (上)
2014-09-11-Thu  CATEGORY: 政治・経済
◇ 6年ぶりの安値に = 円相場が変動し始めた。今週は対ドル相場がほぼ6年ぶりに106円台まで下落、その一方で対ユーロ相場は136円台に上昇している。きっかけとなったのは、先週のECB(ヨーロッパ中央銀行)による金融緩和政策の発表。市場ではユーロが売られ、ドルが買われた。このドル高・ユーロ安で、円はドルに対しては下げ、ユーロに対しては上げる結果となっている。

ことし2月以来、円相場はずっと膠着状態。4月以降の対ドル相場は101-103円の間を行き来していた。それがヨーロッパの金融緩和で対ユーロ相場が上昇したのは判るが、対ドル相場が下落したのはなぜだろう。答えは春から相場は膠着状態だったが、そのなかで円安に傾く力がしだいに醸成されてきたからに他ならない。

その第1は、日本の貿易赤字が定着したこと。輸入額が輸出額を大幅に上回るようになったため、外貨に対する需要が増大した。第2はアメリカの金利引き上げが近付いたこと。第3は日銀の量的金融緩和政策で、日本の長期金利が異常なほどに低下した。この3つの理由から、いつ円安に振れてもおかしくない状態が続いていた。ECBの政策で、この状態に火が付いた。

外国為替市場では、よく「オーバー・シューティング」という言葉が使われる。外国為替相場はいったん動き出すと、予想を越えて「行き過ぎる」ことが多いという意味だ。いま市場関係者の間では「年末までに108-109円」と予想する人が多い。だがオーバー・シューティングすれば、110円を超えて下落する可能性もあるだろう。仮にそうなれば、日本経済は大きな悪影響を蒙る危険性がある。

                              (続きは明日) 


      ≪10日の日経平均 = 上げ +39.63円≫

      ≪11日の日経平均は? 予想 = 上げ

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.