FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 上げ潮に乗る REIT ⑦
2014-09-13-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 安定的な商業・物流型 = 後発組だが、元気がいいのは商業型REIT。ショッピング・センターや大型スーパー、ファッションビルに投資している。6銘柄が上場。14年5月末の取得総額は、オフィスビル型が全体の47%なのに対して18%にまで成長した。テナントとの契約年数が10-20年と長く、施設を丸ごと貸しているので稼働率は100%に近い。したがって収入は固定されており、分配金は安定している。しかしインフレには弱い。

最大手は三菱商事が中心の日本リテールファンド。北海道から沖縄まで全国に84物件を保有している。物件が分散しているので、災害にも強いという。2位は三井不動産が中心のフロンティア不動産。こちらは首都圏など都市部に30物件を保有している。長期にわたって、高い分配金を維持していることで評価されている。

物流型も後発組だが、台頭いちじるしい。12年末から13年初めにかけて誕生し、現在6銘柄が上場。13年の取得総額は7800億円で、14年5月末の取得総額は全体の10%に達した。投資先はネット通販の急速な拡大で、需要が急増した大型物流センター。こちらも契約期間が5-10年と長く、分配金は安定している。

最大手はアメリカ系の日本プロロジスリート。24物件を保有し、投資総額は3600億円。シンガポール系のGLPが保有する羽田空港近くの物流センターは、取得以来の稼働率が100%だといわれる。物流センターに対する需要はさらに増大するとみられており、大手商社や不動産会社も参入を計画しているようだ。

                                  (続きは来週サタデー)


      ≪12日の日経平均 = 上げ +39.09円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝2敗】 

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.