FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
サタデー自習室 -- 上げ潮に乗る REIT ⑧
2014-09-20-Sat  CATEGORY: 政治・経済
◇ 住居・ホテル・総合型etc. = 住居型は主として高級マンションに投資するREIT。現在9銘柄が上場しており、14年5月末で投資総額の18%を占める。賃料は安定しており、不況への抵抗力が強い。また保有物件数が多いので、リスクが分散されている。ただ景気が好転しても、賃料はすぐには上がらない。最大手は伊藤忠商事が中核のアドバンス・レジデンスで、1万8000戸の物件を保有している。

ホテル型は景気動向に敏感なのが特徴。空き室率が景気によって、大きく変動する。ジャパン・ホテル・リートと星野リゾート・リートの2銘柄が上場。住居型と違って、景気がよくなれば利益もすぐに回復する。このほか投資の対象をマンションとか物流センターとかに限定せず、何でも保有するのが総合型。

変わったタイプは、上場REITだけを投資対象に組み入れるREIT。要するに投資信託の投資信託だ。1万円からの少額投資も可能なことが特徴。ただ売買手数料や信託報酬が発生するので、割高になるデメリットがある。リスクが分散されるので、初心者向きかもしれない。

日本のREITは最初、オフィス型から出発した。その後に住居型、ホテル型が続く。いま拡大しているのが商業型と物流型。さらに今後はヘルスケア、高級老人ホーム、病院など介護・医療施設に特化したREITが計画されている。たとえば大和証券、三井住友銀行、新生銀行などが年内の上場を目指して準備を進めているようだ。

                                (続きは来週サタデー)


      ≪19日の日経平均 = 上げ +253.60円≫

      【今週の日経平均予想 = 3勝1敗】

               ☆Please click here ⇒ 人気ブログランキング
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.