FC2ブログ
経済に関する話題なんでも。ニュースの分析・批評・解説など。大胆な予想や提言も。ご意見、ご批判は大歓迎です。
経済なんでも研究会
今週のポイント 
2007-07-16-Mon  CATEGORY: 政治・経済
今週の注目はアメリカ。17日には6月の生産者物価、工業生産、半導体製造業のBBレシオ、7月の住宅市場指数。18日には6月の消費者物価、住宅着工。19日にはCB(コンファレンス・ボード)の景気先行指数が発表される。そして18日と19日にはバーナンキFRB(連邦準備理事会)議長の議会証言も。

アメリカ経済をめぐっては、いま楽観論と警戒論が交錯している。まだ順調な拡大が続くのか、それとも住宅金融問題の後遺症が強く一時的に調整期を迎えるのか。ダウ平均も企業の好業績を期待して最高値の更新を続けるのか、ここでいったん休むのか。いまのところ楽観論の方がやや優勢。経済指標がその援軍になるのかどうかが焦点である。

特に物価指数とインフレ見通しに関するバーナンキ証言。住宅関連の指標。またBBレシオとCBの景気予測は、大きな影響力を持つだろう。これらの内容が明らかになるたびに、株価や円相場もかなり変動する可能性がある。日本にとっても要注意だ。

国内では17日に5月の第三次産業活動指数、19日に5月の全産業活動指数が発表になる。そして参院選挙は真っ盛り。しだいに選挙結果が経済にどんな影響を与えるか、の議論にも熱が入ってくる。

    Please click here ⇒ 人気blogランキングへ 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 経済なんでも研究会. all rights reserved.